スポンサーサイト

  • 2019.06.15 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    瀬戸内・犬島ツアーのご案内

    • 2014.09.30 Tuesday
    • 21:22
    サンケイ・リビングカルチャー俱楽部の瀬戸内・犬島ツアーのご案内です。
    今年、生誕130年の竹久夢二の生家にも立ち寄り、新旧の魅力的なアートの世界を旅します。
    詳しくは下記サイトをご覧ください。 みなさまのご参加をお待ちしております。

    http://mrs.living.jp/osaka/living_culture/article/1636193/6

    “有隣荘特別見学” 〜 岡山アートツアーのご案内

    • 2014.06.06 Friday
    • 10:14
    サンケイリビングカルチャー倶楽部アートツアーの催行が決定しました! (6月25日・水曜日)

    エル・グレコやセザンヌなど、ナマの西洋絵画をいち早く日本に紹介したことで知られる大原美術館と、普段は非公開の大原家旧別邸を特別見学します。今年、生誕130年を迎える竹久夢二の美術館も訪ねます。

    初夏の一日、岡山でのんびりアート三昧してみませんか?
    詳細・お申し込みは以下をご覧ください。

    http://mrs.living.jp/osaka/living_culture/article/1520682

    出雲キルト美術館 神々のふるさとを旅する2日間

    • 2014.05.30 Friday
    • 13:02

    日本で唯一といわれる、キルトの常設美術館「出雲キルト美術館」へ行ってきました。



    出雲キルト美術館  http://www.yawatagaki.com/

    築200年という出雲造りの古民家の空間に、キルト作家の八幡垣睦子さんの作品が展示されています。 キルトというと欧米由来で、私などは特に「大草原の小さな家」などのアメリカの素朴なライフスタイルに根ざしたイメージを持っているのですが、八幡垣さんの作品世界はまったく異なります。

    古いものだと300年以上昔の日本の古布も使われているという作品は、日本の古典文学にテーマを採ったものや、一昔前までは当たり前だった日本の風景を思い出させる懐かしい風景など多彩で、その空間はとても魅力的でした。


    そして出雲といえば、出雲大社です。 すぐ隣に誕生した「島根県立古代出雲歴史博物館」で出雲の歴史も学び、出雲が発祥の地といわれる「出雲ぜんざい」も味わって、存分に出雲三昧を楽しみました。

    個人的にぜひ見たいと思っていたのが「宇豆柱(うずばしら)」といわれる、巨大な柱の遺跡です。

    出雲大社境内遺跡出土の宇豆柱
     http://www.izm.ed.jp/cms/cms.php?mode=v&id=96


    トロイの遺跡を発見したシュリーマンの物語を彷彿とさせるようなこの大発見、今は穏やかな「縁結びの神様」と親しまれる出雲の神様の真の姿について、あれこれ考えさせられました。



    そのほか、島根に受け継がれた民藝のDNAを楽しめる「出西窯(しゅっさいかま)」や、出雲の豪商「手銭(てぜん)」が受け継いだ文化財を鑑賞できる「手銭記念館」などをまわりました。

    そしてこころに強く残ったのは、田植えの季節、伸びやかな水のきらめきの中に点々と広がる石州瓦の家々の眺めでした。もう懐かしくなってしまった日本の原風景かもしれません。 みなさんにもぜひ見ていただきたい風景でした!     (2014.5.21~22 日本旅行主催)


    陶芸の森とMIHOミュージアムで桜満喫

    • 2014.04.30 Wednesday
    • 21:58

    4月中旬、滋賀・信楽の里で枝垂桜を楽しんできました。



    <MIHOミュージアム>



    Mihosakura
    毎年、春か秋に訪ねる美術館、今回の枝垂桜はひときわ輝いておりました。満開のタイミングに合わせるのはなかなか難しいのですが、今回のツアーにご一緒くださったみなさんはラッキーだったかも!

    展覧会は「江戸の異国万華鏡」と題されたユニークな企画です。



    http://www.miho.or.jp/japanese/index.htm

    出島を経由して日本に渡り「阿蘭陀」と呼ばれたヨーロッパの陶器や、インド更紗やびいどろなど、当時の人々をたいそう感激させたと想像できる品々が美しく展示されていました。 



    私が面白かったのは「阿蘭陀」に刺激されて写しを作った乾山の向付たち。そして、感激したのは、黄色とも琥珀色とも呼べそうな微妙な色合いの鶴首のガラスの酒器です。更紗の手鑑(今で言うアルバム)も、当時の人々の興奮振りを伝えてくれました。

    <陶芸の森>




    陶芸の森は久しぶりの訪問です。盛りは少し過ぎていましたが、こちらも広い園内は枝垂桜がいっぱい。展覧会はバーナード・リーチから現代の作家まで、イギリスの陶芸の世界を概観できる面白い内容でした。



    http://www.sccp.jp/



    ランチはお庭をのんびり眺められるUPカフェで、地元の野菜をたっぷり生かしたパスタをいただきました。ケーキも美味!



    http://www.sccp.jp/guide/facilities-usage/up-cafe/


    この日はもう一ヶ所桜の名所を訪ねました。信楽の「畑」という場所にある一本桜です。満開の時期は過ぎていましたが、信楽のかなり奥なのに、たくさんの方が来ておられました。いかにものんびりとした、昔話に出てきそうな場所です。

    http://tomimasu.net/sakura/





    今日の一番の主役は、桜だったかも! よいお天気に恵まれた美術館日和の一日でした。                       



                                          (2014.4.17  日本旅行主催)


    アートで早春賦〜MOAとクレマチスの丘へ

    • 2014.04.19 Saturday
    • 20:56

    まいたび(毎日新聞旅行)のツアーで関東の日帰りアートツアーへご一緒してまいりました。



    ●アートで早春賦 〜 MOA(熱海)&クレマチスの丘(三島)へ



    MOAといえば、なんといっても尾形光琳の「紅白梅図屏風」です。毎年、2月から3月にかけての早春に展示されるので、この時期をねらって訪問いたしました。



    当日は好天に恵まれ、途中の富士山も神々しさ全開。MOAの見晴らしのよいロビーからは光輝く相模湾が一望できて、ひととき「これだけで満足」な気分に。。。10室を越える広い館内では、お目当ての紅白梅図屏風はもちろんのこと、仁清の壷や、つい先日ルーツを尋ねた鍋島のお皿など、日本美術を存分に楽しむことができました。

    紅白梅図屏風は、何度眺めても飽きません。いくつものなぜ?が浮かんできます。なぜ光琳は、こんなにもモダンな画面を生み出すことができたのだろうか、なぜ左右の梅の姿を大きく変えたのだろう、真ん中の流れはどんな発想で生み出されたんだろう、などなどです。 既にさまざまな謎解きがなされていますが、自分なりの想像をめぐらすのもまた楽しいひとときです。

    そういえば、光琳は伊勢物語をよく読んでいたとか。彼の作品はこの物語を意匠化したものが多いといわれていますね。「紅白」の梅の姿に何を映したかったのでしょう?





    午後からたずねたクレマチスの丘では、イタリア人の彫刻家、ジュリアーノ・ヴァンジの彫刻公園で大いに伸びやかな時間を過ごしました。さまざまな素材から人間の内面を浮き彫りにした作品が生まれます。決して堅苦しくはないのですが、でも、軽くもない。 とても面白い彫刻家だと思います。



    そしてもうひとつは、フランスの画家、ベルナール・ビュッフェの美術館。日本にもファンの多いビュッフェの作品だけを展示しています。今回とてもとても面白かったのは、解説はもちろんのこと、タイトルすら掛けない展示だったこと。感じるままにみて欲しいと常々願っていた作家の遺志に応えた大変意欲的な試みだったと思います。



    作風が大きく変化するさまも息が詰まるような迫真性に満ちていて、最晩年は難病を患ったというビュッフェの叫びが聞こえてくるような気がしました。

    みなさん、展示に少々お疲れになったのか(この疲れこそが愛おしいと私個人は考えていますが)、美術館のすぐ隣にリオープンしたおしゃれなカフェでゆっくりくつろいでおられました。もちろん、私もおいしいコーヒーを頂きました。



    今回はMOAの紅白梅図屏風の公開に合わせたので、クレマチスの満開には合わせられませんでしたが、次回はぜひ初夏に企画したいと思っています。みなさんからも「ぜひ!」というお声をいただきました、がんばりまーす!  (2014.3.10 毎日新聞旅行主催)








    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM