スポンサーサイト

  • 2018.01.01 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    小田野直武〜短くも美しく萌えた秋田蘭画の世界

    • 2016.12.30 Friday
    • 23:20

    「小田野直武と秋田蘭画」展 サントリー美術館

     

    2016年の最後を飾る展覧会、昨年からとても楽しみにしていました。前回の秋田蘭画展は2000年の開催と聞きますので、実に16年振りということになります。 

    秋田蘭画、、、耳慣れない方も多いかと思いますが、これは江戸時代のほんの数年間、秋田・佐竹藩の小田野直武(武士で絵師)を中心に追求された蘭画のことを言います。“蘭”だけでなく中国絵画の影響も強く受けていて、東洋と西洋の融合が試みられた実に不思議な印象の絵画作品群は、その誕生のきっかけが平賀源内や解体新書ということもあり、展覧会会場はさながら歴史展の様相も呈していました。

     

    「世界に挑んた7年〜小田野直武と秋田蘭画」サントリー美術館

    http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2016_5/index.html

     

    注目作品はポスターにもなった『不忍池図』↑で、私もこれを目当てに参じましたが、他にも不思議な力作が多く、結局私のお持ち帰り作品は直武の『雷魚(ハタハタ)』に決まりました。

     

    参加されたみなさんの評価は分かれましたが、どちらも「なるほど」と考えさせられるものでした。

     

    ひとつは「中途半端な印象の作品が多かった」というもの。これは、蘭でもなく中華でもなく和でもない、という表現のありようから感じたのだろうとのことで、なるほどもっともだなと思う点も多々ありました。

     

    もう一つは「なんでも吸収したいという画家のエネルギーに共感した」というもの。これももっともと感じる印象で、源内との出会いを契機に阿蘭陀カルチャーに衝撃を受け、同時に中国絵画の写実性にも魅了された直武の興奮が、緻密な作品からにじみ出ています。

     

    いずれにせよ、まさに「短くも美しく」燃えきった(夭折した直武自身はもっと燃えたかったでしょうが)秋田蘭画は一見の価値ありです。

     

     

    お仕事訪問の展覧会はこれが最後でしたが、個人旅行でやっと「現美新幹線」に乗ってきました。ミドル〜シニア世代が多くてビックリ! 現代アートがいっそう身近なものになってきているんだな〜と実感しました。

     

     

    どんな印象だったか、、、 この奇抜なシートの様子から想像してみてください。またぜひ乗ってみたいです!

     

    それではみなさま、良いお年を!

    羽田空港の一日 〜 ディスカバリーミュージアム訪問

    • 2016.06.27 Monday
    • 14:13

     

    羽田空港第2ターミナル

     

     

    6月の毎日文化センターはちょっとおもしろい場所にある美術館へ。

     

    ディスカバリーミュージアム

    http://discovery-museum.com/

     

     

    羽田空港にできた美術館で、コンパクトな空間ながら、主に永青文庫のコレクションを楽しむことができます。

    訪問した日は武者小路実篤がテーマの展覧会を実施していました。

     

     

    武者小路実篤といえば『愛と死』『友情』などで、ある年齢から上の方々には課題図書的な存在の作家だと思います。昭和のある時期にはたいていのお宅に「仲良きことは美しき哉」という賛入りの某か(色紙とか、カレンダーとか)があったのではないでしょうか? 永青文庫の主、細川護立氏が実篤と仲がよかったとのことで、作品も所蔵されているようです。

     

     

    展示されている実篤の描いた屏風。“味わい”があります(館内はフラッシュなしでの撮影可)

     

     

    今回は、まずはユニークな立地の美術館を見たい、そして、空港の開放的な空気も楽しみたいという動機で訪問しました。そしてさらには「空港の美術館」についてみなさんとご一緒に考えてみたいとも思いました。

     

     

    空港の美術館と言えば、なんといっても、オランダ・スキポール空港の「アムステルダム国立美術館」の分館が有名ですね。

     

    「地球の歩き方」より

    http://www.arukikata.co.jp/webmag/2004/0410/sp/041000sp_03_01.html

     

    こちらもディスカバリーミュージアムに負けず劣らずコンパクトですが、オランダ絵画のエッセンスを感じられる作品が定期的に展示替えされて楽しめ、階下にはミュージアムショップもあり、追加のお土産をゲットできるスポットとしても貴重な場所になっています。

    場所は国際線の中。つまり、出国してから滞在するエリアにありますので、世界中の方々が乗り継ぎ時間の合間に訪れることになります。乗り継ぎは半日以上の時間が掛かることもザラにありますので、気分転換にもいい場所かもしれません。

     

     

    今回、日本にもようやく空港美術館ができる! ということで取り上げてみましたが、みなさんからは少々厳しい意見が出ました。

     

    • 誰に見てほしい美術館なのかわからなかった。
    • 海外の方向けなら場所が疑問だし、英語が少なすぎる。
    • 武者小路実篤についても、英語の説明がもっと必要ではないか。
    • もっと目立つ場所に設置できなかったのか?(第2ターミナルの一番端にあります)
    • もう少し日本の特徴を伝える展示でもよいのではないか? (これについては、過去の展覧会の中にはそういうものもあったようです)
    • 「日本の春」とのサブタイトルはあったけれど、いまひとつ春の感じがわからなかった。それなら、郷さくら美術館みたいな展示がいい。

     

    などなど。。。 料金は無料ですので(スキポールも無料)この点は評価されていました。もし有料なら、いくらなら入館するだろうかというシビアな議論もあり、なかなか興味深く白熱しました。

     

     

    スキポールはヨーロッパの巨大ハブ空港です。ハブの国際線とアジアの国内線では前提が大きく異なりますが、もし、東京国立博物館の分館を空港に作るとしたら、どの空港のどこに作るかというところまで話が及んで、なんだか夢が膨らむ気分も味わいました。

     

    ディスカバリーミュージアムは、とにもかくにも大きな第一歩を踏み出してくださったわけで、いろいろ辛口の意見は出ましたが、これで終わりではなく、第2第3の空港美術館を各地で模索していただけたら嬉しいです。

     

     

     

    この日は早めに空港入りしてみなさんとランチも楽しみました♪ 第2ターミナルのフードコートはトルコやベトナムなどの料理が食べられるとのことで、私はトルコのランチプレートをオーダー。 スパイシーで美味しかったです(^^♪ 

     

    あと、空港の各所でアートな取り組みがなされていて、このフードコートの椅子が評判よかったです。多くが異なる形で、どれもなかなかデザイン性が高く、座り心地がユニークなのもあったりして、けっこう盛り上がりました♪♪♪  しかも、おそらくリユース家具。貧乏くさい感じもなくて、なかなかよい試みだと思いました。

     

    イタリアンなカラーが素敵

     

     

    なお、プラスリラックスが一番印象に残ったのは、展望フロアに鎮座する、こちらの作品。

     

    千住博 「MOOON」

     

     

    牛好きな私としては外せない作品となりました。 奥の大窓からは、飛行機の離着陸が見学できます。天候に左右されないので、眺めているととっても気分転換になりますよ!

     

    解散後、一人で空港内を散策していましたら、第1ターミナルでこんな企画をしていました。

     

     

     

    素敵な企画でしたが、「え? こんなわかりにくい場所で?」(よほどの飛行機好きでないとアクセスしないエリだと思います)という展示でしたので、少々複雑でした。 ディスカバリーミュージアムも、このスカイギャラリーも、試みやチャレンジには拍手を送りたいですし、ぜひ継続していただきたいと思いますが、「いつになったら一等地に美術館が建つ国になるのかな〜」という思いも同時に感じてしまった空港の一日でした。 最後は、このスカイギャラリーの奥から屋外デッキに出て、飽きるまで飛行機を眺めて帰りました。

     

    ピンぼけですが、空港の眺め。。。・ 曇天でした。

    日本工芸の可能性 〜 中田英寿の“REVALUE NIPPON PROJECT”

    • 2016.05.20 Friday
    • 11:23

    展覧会場風景(内覧会時に了承を得て撮影)


     
    毎日文化センターのみなさんと「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」を見てきました(パナソニック汐留ミュージアムで開催)。

    http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160409/index.html

    中田とはあのサッカー元日本代表の中田英寿氏です。世界を相手に戦った彼は、帰国後は全国を行脚し、日本文化への思索を深めたとのこと。そして、“日本が連綿と受け継いできた伝統的な工芸、文化や技術の価値や可能性を再発見し、その魅力をより多くの人に知ってもらう「きっかけ」を創出することで、日本文化の継承・発展を促すことを目的”とするREVALUE NIPPON PROJECT を立ち上げ、展開しています。 

    図録に掲載された中田の言葉を読むと、発想や問題意識はもちろん、その運営手法が画期的だと思いました。多くのプロを巻き込んでプロジェクトそのものの発信力を高め、かかわる人すべてを当事者にしていくプロセスには学ぶ点が多いと感じました。

    プラスリラックスが欲しくなったのは、このプロジェクトが最初に挑戦した陶磁器の作品#004「光器」。
    新里明士(陶磁器作家)、宮島達男(現代美術家)、藤原ヒロシ(音楽プロデューサー)のチームによる作品で、陶磁器の技法(蛍手)の中に、現代美術の表現(デジタル)との重なりを感じた音楽プロデューサーが、作品誕生のコーディネーター的な役割を担いました。

    同様のような仕組みで37企画の作品が展示されています。
    中には漆のバスタブなどもあって、賛否両論はあったのですが「やれるところまではやる」といた意気込みをみなさん感じられたご様子でした(^^♪


    みなさんが印象に残った作品は

    #001「赤絵セラミックスピーカー」
    #005〜#011「くじり 三指組 久侶於里辺(くろおりべ)」
    #012「UFO鍋」
    #016〜#020 日本の風景を和紙にプリントした写真作品群
    #023「洛竹庵」(可動・組み立て式の茶室)
    #027「Infinite Shadow」(竹のシャンデリア)
    #033「無題」(アクリルケースに収納できる漆のお皿)
    #036 風呂「松竹梅」
    #037「無題」(黒漆と螺鈿と真珠のバングル)


    展示空間も斬新で高評価でしたが、この大変意欲的な展覧会のコンセプトそのものをもう少し簡潔に示していただくと、さらに鑑賞者の関心も高まったのではないかと思いました。
    内覧会の時点でその点を少し危惧したので、私たちのグループが入場する際は、事前にコンセプトの解説を(最小限のボリュームで)実施しました。
    「現代の工芸ばかりなのね」と話しながらあっさり出てきたご婦人のグループもあり、もし展覧会のコンセプトをしっかり把握してくださっていたら、また違った視点で楽しめたのではないかな〜と、素晴らしい展覧会だっただけに少し残念に思いました。


    「説明」「解説」は諸刃の剣です。 今回はその点を考える意味でも興味深い展覧会でした。
    6月5日まで開催しています、みなさんもぜひご覧になってみてください!


    追記

    この日のティータイムは、偶然ですがイタリアンのお店のカフェスペースに行きました。汐留センターの41階。

    エアーズ
    http://ars-dining.com/

    ここで話題になったのが「ルンゴ」。なんだかわかりますか?  
    実は、世界一の栄誉に輝くバリスタが生み出した、エスプレッソベースのコーヒーとのこと。
    中田が過ごしたイタリアに思いを馳せるひとときにもなり、さらには世界で活躍するサッカー選手の語学力にも話題が及び、楽しい時間をご一緒できました♪

     

    春の上野〜カラヴァッジョ展で盛り上がりました♪

    • 2016.04.09 Saturday
    • 17:46


    3月から国立西洋美術館ではじまっている「カラヴァッジョ展」。あいにくの雨で桜も寂しそうでしたが、展覧会では盛り上がりました。
    http://caravaggio.jp/index.html


    いつもは先入観抜きで楽しむことをモットーにしている講座ですが、今回の展覧会では、西洋美術史やキリスト教の影響などを少しつまんでから入るとまた違った楽しみ方ができるのでは?と、ランチタイムのミニレクチャーをセットしました。

    カラヴァッジョとカラヴァジェスキ(カラヴァッジョにあこがれた継承者のこと。弟子ではありません)のことや、バロックや宗教改革との関係などについて少しお話ししたのですが、作品そのものの図版はできるだけ見ないようにしました。事前に見てしまうと、鑑賞が「確認作業」になりがちです。「あの有名な作品をみた」と満足するのではなく、カラヴァッジョでもそれ以外の作品でも、できるだけご自分のアンテナを尖らせて見ていただきたいと思いました。

     
    余談ながら、最近の有名展覧会はあまりにも事前に情報が発信されて、実際に見た時の新鮮味が失われてしまっている人が多いんじゃないかなぁと、ちょっと気になっています。作品の横で得意げにウンチクくを披露し続ける文化系タレントさんもいますが、狭量で恐縮ながら「こういうタイプとは美術館に行きたくないなー」といつも思ってしまいます(^_-)  ちょっと乾くぐらいが面白いんじゃないかなと個人的には考えています。
    鑑賞を深めるヒントをセンスよく伝えてお互いに楽しめる配慮のできる人、、、。そんな案内人を登場させる番組をそろそろ作ってくれたら嬉しいのですが!


    余談が長くなりました。
    果たして、みなさんはアンテナを抜群の感度にして展覧会を楽しんでくださいました♪ 時間設定が長すぎたかなと心配していたら、足りないぐらいでした。いつも盛り上がるのですが、この日はいつもに増してティータイムが大盛り上がり。


    みなさんの感想は以下のとおり(作品名だけのものはカラヴァッジョ作品)。
    • 『果物籠を持つ少年』が印象に残った。「籠」と「人物」の描き方を変えているのが面白い。この展覧会を見て映画『ジーザス・クライスト=スーパースター』を思い出した。自分にとっては、あの作品が最高作品。
    • 展覧会がゆっくりみれたのが良かった。光をテーマにした第5章の作品にほのぼのしているものがあって印象に残った。
    • ドラマチックすぎるのかなと思っていたけれど、最後まで飽きずにみることができた。『ナルキッソス』がよかった。『聖ペテロの否認』(ジュゼベ・デ・リベーラ)もよかった。
    • もともと好きな画家。カラヴァッジョの点数はもっと欲しかったがとても面白い展覧会だった。『洗礼者 聖ヨハネ』に、これまでのカラヴァッジョとは違う魅力を発見。『自画像』(ジョバンニ・バリオーネ)も印象的。
    • 風俗画も面白く『酒場の情景』(蝋燭の光の画家)の表現がおもしろかった。
    • カラヴァッジョという画家はいつも頭のどこかにあったような気がする。『エマオの晩餐』の表現がとても印象的。
    • これまでは宗教画がそれほど好きということはなかったが、今回は面白かった。ただ、「斬首」をテーマにした章は一人では見れなかったかも。やはり私も『エマオの晩餐』がとてもよかった。
    全体で盛り上がったのは最終章のテーマ、エッケ・ホモです。「この人をみよ」という意味で(これは西洋絵画でよく出てきます)カラヴァッジョとチゴリという画家の二人の作品が掲げられていました。さて、どちらのキリストがいいか、絵がいいかと、意見が分かれて面白かったです。この2作はみなさんもぜひ「注文主」の気持ちになって見比べてみてください。

    プラスリラックスは2回目の鑑賞でしたが、新鮮な感覚で楽しめました。多分、個人的には何回も行けるんじゃないかなと思っています。果物籠の凄みのある表現力の跡や、エマオの晩餐やマグダラのマリアの暗い空間を見つめていると「これをカラヴァッジョが描いたんだな」と少し肌が粟立つ感じがしました。久しぶりの感動でした。
    ただし、自宅で壁にかけて味わう、というタイプの作品ではないかもしれません。「好き嫌い」を超越した展覧会かも。

    生前、短気が災いして人を殺めたカラヴァッジョ。 彼の罪は永遠に消えませんが、彼の作品も永遠に残ってほしい、、、、そんな思いに駆られたひとときでした。
    なお、ティータイムで紹介していただいた『ジーザス・クライスト=スーパースター』のDVDを早速注文しました。残念ながらミュージカルは見ていませんので楽しみにしています(ミュージカルと映画はかなり違うようですが!)。
     

    鍋島焼で歴史散歩 〜 逸品を“あの人”に勝手に贈りました(^^)

    • 2016.03.11 Friday
    • 14:25
    戸栗美術館 2016スケジュールパンフ

    毎日文化センターの講座で戸栗美術館に行ってきました。東洋陶磁のコレクションで知られる静かな美術館。松濤という立地もあいまって、縁は無いけどひととき贅沢な気分になれる場所です。


    戸栗美術館「鍋島焼展」
    http://www.toguri-museum.or.jp/tenrankai/

     

    今回は、プラスリラックスが惹かれる鍋島の展覧会ということもあり、早々と講座に入れさせていただき楽しみにしておりました。
    佐賀・鍋島藩の命運を賭け、「唯一無二の献上品を」と生み出されたのが鍋島焼。売り物ではないため、コスト度外視で技と素材とセンスを磨き上げて生まれました。
    一度は西軍側につき、お取り潰しの憂き目と直面した鍋島家にとって、徳川家に重宝され喜ばれる品を献上することは、藩の存続に不可欠なプロジェクトだったのかもしれません。
    ※ちなみに、上のスケジュールパンフの左側の2点(瓢箪と紫陽花)が鍋島焼です。


    というわけで、私たちも天下の鍋島焼を、歴史上の有名人に贈ってみようということで、会場を楽しくもシビアな視点で回らせていただきました。

    贈られた人々と鍋島たちは次のとおり。
     
    • 清少納言  「色絵 椿柴垣文 皿」と「色絵 小手毬文 皿」をセットで
    • 織田信長  「青磁染付 七壺文 皿」
    • 豊臣秀吉  「色絵 壽字宝尽文 八角皿」 「染付 桃文 皿」
    • ねね    「色絵 七宝菊文 稜花皿」
    • 淀     「色絵 七宝菊文 稜花皿」「色絵 十七櫂繋ぎ文 皿」
    • 千利休   「青磁 双耳瓶」
    • 篤姫    「染付 宝尽文 皿」
    • 坂本龍馬  「色絵 十七櫂繋ぎ文 皿」
    • 新島八重  「色絵 桜霞文 皿」と「色絵 紅葉流水文 皿」をセットで
    • 山本覚馬  「色絵 唐花文 八角向付」
    • マリー・アントワネット 「色絵 蒲公英文 皿」と「色絵 小手毬文 皿」と「青磁染付 雪輪文 皿」をセットで

    と、以上のようなラインナップとなりました。

    やはり、人たらしの秀吉は人気なのでしょうか? ちなみに、秀吉、ねね、淀、利休の4名にプレゼントした方がおられて、その着眼点に賞賛の声が上がりました。
    また、「色絵 七宝菊文 稜花皿」(これはちょっと変わり種の鍋島でした)を、ねねにあげたいと思った方と、淀にあげたいと思った方がおられたのもおもしろかった! ちなみに、マリー・アントワネットにあげたいと思ったのはプラスリラックスでして、3枚セットで「日本って、こんな可愛い花が咲くとこなのですよ〜」とプレゼントしたら、無邪気に喜んでくれるのではないかと想像してみました。 バロックな金襴手よりクールな可愛さの光る鍋島のほうが女性には好みかな〜と。

    そんなこんなで、久しぶりに好き勝手な鑑賞会で楽しませていただきました。
    みなさまありがとうございました!
     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM